ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

ACアダプター製品のデジタル事業について

2021年08月02日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、ACアダプター製品のデジタル事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、ACアダプター製品の早期普及を目的として取組むものです。ACアダプターは、電源が必要とされる電気製品(デバイス)に用いられる電子機器のことで、一般的に黒い筐体に収められているAC/DCスイッチング電源のことです。AC/DCは、交流(Alternating Current)から直流(Direct Current)へ変換するという意味を持っています。

2020年度の国内のパソコン出荷実績は、前年比7.4%増の1,045万5,000台となりました。1,000万台を上回ったのは、2014年度以来6年ぶりです。また、2020年12月の出荷実績は、前年同月比67.6%増の161万3,000台と約1.7倍の増加でした。ノートパソコンの構成比は92.4%と過去最高になりました。ノートパソコンだけの出荷台数は、前年同月比約2.2倍の実績となっています。

その背景には、コロナ禍におけるテレワーク需要の促進に加えて、GIGAスクール構想による児童生徒への1人1台のパソコン整備が本格化し、パソコン需要を押し上げました。GIGAスクール構想とは、義務教育を受ける児童生徒のために、1人1台の学習者用PCと高速ネットワーク環境などを整備する計画です。

GIGAスクール構想で導入されるのは、Windows搭載ノートパソコン、Chromebook、iPadとなっており、これがノートパソコンの構成比を一気に引き上げる要因となり、ACアダプターの需要増加になりました。2020年10月は、出荷台数が前年同月比3.6%増となり、ノートパソコンの構成比が88.4%。11月は51.5%増と大幅に成長し、ノートパソコンの構成比も91.5%に達しました。

2020年の年初には、市場規模が3分の2になるとの予測の上で事業計画を立てていたパソコンメーカー各社でしたが、テレワーク、GIGAスクール構想需要により、出荷実績が増加しました。さらに、ノートパソコンの構成比が90%を超えるという異例の特需となりました。今後は、個人向けパソコン、法人向けパソコンの大幅な需要増加が期待されています。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop