ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

自動計量器製品の産業機械事業について

2020年12月01日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、自動計量器製品の産業機械事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、自動計量器製品の早期普及を目的として取組むものです。世界の自動計量器市場は、2018年に2億3,520万米ドル規模に達し、2027年には3億4,240万米ドルに到達すると予想されています。予測期間中、同市場はCAGR (年平均成長率)4.6%で成長する見込みです。

自動計量器市場は、技術別に電磁力平衡とひずみゲージに分類されます。ひずみゲージは市場で大きなシェアを占めていますが、電磁力平衡は予測期間中に最も急速に成長する技術であると予想されます。ひずみゲージ技術により、操作中の簡単な取り付けと簡単な操作が可能になります。

厳しい環境から計量器を保護するために、適切に密閉されたひずみゲージ付きのロードセルの購入が推奨されています。 EMFR計量セルは、超高速計量結果を促進することができます。 EMFR技術は、自動計量機メーカーにとって成長する技術になると期待されています。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop