東京支社長 遠藤 潔は、2021年9月29日 社会福祉法人中央共同募金会への支援活動による功績が認められ、天皇陛下より紺綬褒章を受章致しました。(2021/10/11、官報本紙 第592号 9頁 褒賞・紺綬褒章 褒章条例第1条により紺綬褒章)

紺綬褒章は、公益のため私財を寄付し、その功績が顕著な個人または法人・団体に対して、天皇陛下より授与されるものです。紺綬褒章は天皇陛下が授与する栄典であり、明治14年12月の「褒章条例」(太政官布告第63号)公布により、大正17年に制定され、以来100年を超える由緒正しき褒章制度です。

中央共同募金会は、全国47都道府県共同募金会の連合体で赤い羽根をシンボルとする共同募金運動の全国的な企画、啓発宣伝、調査研究、都道府県共同募金会の支援等を行っています。また、全国的な視野により活用される寄付金や2以上の都道府県で活用される寄付金の受け入れ及び調整や民間助成資金・公益信託などの取り扱いを通して民間福祉事業の推進に大きな役割を果たしています。

援護を必要としている方、個人の生活や信条を尊重し、多様な要望に応えるための、きめ細かい様々な社会福祉サービスの充実が望まれています。共同募金会は、これまで社会福祉を支えてきた社会福祉施設・団体だけではなく、これまでになかったような開拓的な社会福祉サービスを提供する団体に対しても積極的に支援しています。これからも、持続可能な社会の実現のために、社会貢献活動をして参ります。

これらの活動の功績が認められ受賞した紺綬褒章について、2021年10月1日 社会福祉法人東京都共同募金会から当社に褒状の伝達が行われました。

■ 天皇陛下
第126代天皇。 お名前:徳仁(なるひと) 、お続柄:上皇第1皇男子、 お誕生日:昭和35年2月23日、 ご称号:浩宮(ひろのみや)、 お印:梓(あずさ)、 総裁職:東京オリンピック・パラリンピック競技大会名誉総裁、成年式:昭和55年2月23日(ご年齢20歳)、 立太子の礼:平成3年2月23日 、ご即位:令和元年5月1日、勲等:大勲位菊花章頸飾。