ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

除菌剤製品の生活産業事業について

2017年12月01日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、除菌剤製品の生活産業事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、除菌剤製品の早期改善を目的として取組むものです。

除菌剤市場は、キッチン用、手指用、ウイルス用、ウエットティシュなどに分類されます。約30億円規模のキッチン用市場は、新型インフルエンザ騒動のあった2009年に数字を伸ばし、翌年縮小はしたものの以降5〜10%の成長率で推移しています。

近年では、SARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)、エボラ出血熱、新型インフルエンザ(H1N1)、鳥インフルエンザ(H7N9、H5N1等)など、様々な新興感染症が猛威を振るい、ニュースにもなっています。さらに、イギリスの研究機関の報告によると、抗生物質が効かない薬剤耐性(AMR)に起因する死亡数は2013年時点で低く見積もっても70万人、耐性率が現在のペースで増加した場合、2050年には1000万人が死亡すると推測されており、その対策は昨年行われたG7伊勢志摩サミットの議題の一つにもなりました。

新興感染症の注目により、関連製品の新たな市場を創出・拡大していくことが期待されています。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop