ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

工業用綿棒製品の生活産業事業について

2017年12月01日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、工業用綿棒製品製品の生活産業事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。


本事業は、工業用綿棒製品の早期改善を目的として取組むものです。

綿棒は1923年、アメリカで誕生しました。発明家である Leo Gerstenzang が、爪楊枝に脱脂綿を巻きつけて使っている妻を見て発明したのがはじまりと言われています。一方、日本での普及は第二次世界大戦後に普及しました。当初はアメリカ進駐軍の放出品として市場に出回りました。

工業用綿棒製品は、主に精密電子機器や電子部品、基板、光学機器などの清掃に使われる綿棒です。狭い場所での利用に合わせて軸が長く綿体部分が小さいのが特徴です。
静電気を防ぐため、防止剤を含浸したタイプなどもあります。

工業用綿棒製品は、工学業界だけではなく、一般家庭、オフィス向けに進化させるべく新たな市場を創出・拡大していくことが期待されています。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop