ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

バイオプラスチック製品の資源循環事業について

2017年04月03日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、バイオプラスチック製品の資源循環事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、バイオプラスチック製品の早期普及を目的として取組むものです。
バイオプラスチック製品のニーズは近年更に高まりつつあり、環境に調和した資源に対する意識は飛躍的に向上しています。

バイオマスプラスチックは、使用後に水と二酸化炭素に還る生分解性プラスチックと、原料に植物などを再生可能な有機資源を含むバイオプラスチックの総称です。同市場は2010年度以降、バイオPE、バイオPETの登場で、市場が活性化しました。しかし、2014年度の原油安の状況が市場に大きな影を落としており、その先行きは不透明な状況です。

一方で、国際社会が早急に取り組まなければならない課題として、温室効果ガス削減の重要性が増しており、その有効な手段のひとつとして、バイオマスプラスチックへ切り換えようとする動きが根強く進行している事実です。こうした状況下で、バイオPEのレジ袋がスーパーを中心に需要が拡大し、市場の牽引役として期待されています。

ジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop