ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

機能性高分子フィルムの化成品事業について

2020年01月06日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、機能性高分子フィルムの化成品事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、機能性高分子フィルムの化成品事業の早期改善を目的として取組むものです。

機能性高分子フィルムであるバイオプラスチックフィルムは、バイオを使用したフィルムです。CVSなどの流通事業者や食品メーカーなどが環境負荷低減への貢献などのPRを目的に、バイオプラスチックフィルムを採用する傾向が増加しています。

主な用途は、バイオPETはCVS向けのPB商品の包材としても需要拡大が期待されています。生分解性フィルムは、土に埋めると微生物の働きによって水と二酸化炭素に分解されるフィルムです。原料は植物由来・石油由来どちらも展開され、石油由来品でも原料をバイオマス化する動きがみられます。機能性高分子フィルム市場は、食品包材を中心にトイレタリー用品や医薬品の包材などで安定した需要があり、堅調な拡大が期待されています。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop