ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

COP・COC(環状ポリオレフィン)製品の生活産業事業について

2019年02月01日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、COP・COC(環状ポリオレフィン)製品の生活産業事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、COP・COC(環状ポリオレフィン)製品の早期普及を目的として取組むものです。
COP・COC(環状ポリオレフィン)製品のニーズは近年更に高まりつつあり、地球環境保全によるリサイクルに対する意識は飛躍的に向上しています。

COP・COCは、主要用途である光学フィルム・レンズ(位相差フィルム、モバイル端末用レンズなど)、パッケージ(食品用包装など)、医療用品(バイアルなど)で需要が増加しており、2018年の市場規模は45.650トン見込で拡大しています。今後、光学フィルムは、TVおよびタブレット端末市場の伸びが鈍化しているものの、画面の大型化により面積の拡大に連動した需要増加が続くとみらています。

光学レンズは、スマートフォンを含むモバイル端末向けや自動車のADASに必要な外部センサーで需要が増加すると見込まれています。パッケージは、包装材料のリサイクル意識の高まりから需要が増加しており、市場全体では2022年には54.420トンまで生産能力の増強が促進されると期待されています。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop