ホーム  >   ニュースリリース  >   ニュースリリース
印刷ページ

ニュースリリース

住宅用火災報知機の生活産業事業について

2019年01月07日
フジケース株式会社(本社:神奈川県伊勢原市、代表取締役社長:田村 貴寿、以下「フジケース」)は、住宅用火災報知機の生活産業事業(以下「本事業」)の円滑な販売実施に協力して参ります。

本事業は、住宅用火災報知機の生活産業事の早期改善を目的として取組むものです。

2017年度の住宅用火災報知機市場は、前年度対比180%の270億円と見込まれます。消防庁によると、2017年の建物火災発生件数は21,280件で、53.3%に該当する11,337件が住宅火災です。こうした傾向
から、2006年以降の新築住宅に対して火災報知機の設置が義務化され、2011年には全ての住宅に対して義務化されました。

全国の火災報知機設置率は、2010年は58,4%でしたが、2017年には81.7%まで上昇しており、早期の普及率となりました。また、火災報知機の方式では、煙濃度により作動する「光電式」が全体の約85%、
空気湿度により作動する「低温式」が約15%を占める結果となりました。

フジケースは、本事業を含め、環境社会の構築、資源リサイクルの効率化、超高齢化社会への対応など、社会的課題の解決に貢献する関連事業に引き続き多面的に取組んで参ります。
pagetop